各店舗のあか牛丼

そば処 草太郎庵

蕎麦屋のあか牛ステーキ丼

食欲をそそる艶感とほのかな香り、なめらかな喉越しが抜群の二八蕎麦が人気の店。全4室に対して5つの家族風呂が備わり、宿泊施設としても人気。今回の丼は、あか牛の味を最大限味わっていただきたいという思いから希少な三角バラ肉を豪華に使用。蕎麦屋のダシと小国大根とともに頂く。ミニ蕎麦のセットも人気。

【料金】1,296円(ミニ蕎麦セットは1,620円)

くず料理 蕎麦菜

阿蘇のあか牛丼とくず料理のセット

数々の料理コンクールで入選している女性料理長が作るあか牛丼とくず料理のセット。薄くスライスしたあか牛のモモ肉でご飯を包むようにして提供。半年間寝かせた秘伝のタレがあか牛の肉本来の味を引き立てる。セットには季節の野菜を使った小鉢、豆乳の葛蒸し、葛きり麺、日替わりデザートが付く。

【料金】1,500円

郷土料理 八菜家

岩塩で味わう!阿蘇のあか牛モモ肉丼

地産地消に拘る郷土料理の名店。あか牛丼には阿蘇のあか牛の中でも肉が柔らかいとされる未経産牛の内モモのみを使用。肉本来の美味しさを味わってほしいから…という思いから肉には敢えて味付けをせず岩塩で。肉の下のご飯はもちろん自家製米。牛すじを焼き、香ばしさをつけたものを煮込んで作るオジリナルのタレがかかっている。小鉢、サラダ、味噌汁、漬物食べ放題付き。

【料金】1800円 ※1日10食限定

三愛レストハウス

あか牛のローストビーフ丼

軽くタレを掛けたお米の上に錦糸卵、大葉を敷き、5種のスパイスで下味を付けてローストしたあか牛を。その上にはカイワレと小国大根の大根おろしが。シェフが37年間守り続けているオリジナルのタレは、ニンニク、生姜、醤油、胡麻の配合が抜群!

タレの美味しさ、カイワレの辛味、大根おろしのさっぱり感が
融合した絶品丼はサラダ、漬物、お味噌汁付き

【料金】1800円

せのもと茶屋

あか牛丼定食

あか牛も食べたいけど、郷土料理も食べたいという方にオススメ。地元の醤油ベースのタレが美味なあか牛トロロ丼に熊本名物のだんご汁、季節の野菜を使ったかご盛り5種がつく定食。あか牛丼だけでなく少しずつ、沢山の美味しいものを味わえるのが人気。

【料金】1,500円 ※土日・祝日1日20食限定

鶏の炭火焼 鳥王

あか牛丼

大阿蘇どりの溶岩焼きも人気なお店が作るあか牛丼。南小国町産のブルーベリーを煮込んで作る甘辛なオリジナルソースとあか牛の肩ロースの相性が抜群。お味噌汁、お漬物も付く。夜もあか牛丼を味わうことが出来、地元の焼酎や日本酒も豊富に揃う。個室もあるので(要予約)、お子様連れでも安心♪

【料金】1300円 ※大盛りは1,400円

総合物産館 きよらカァサ

あか牛ハンバーグ&あか牛カルビ丼

使っているあか牛の量220グラム!ガッリとあか牛を味わいたい方にオススメ。大きな丼ぶりの真ん中には特製ソースで味付けをしたあか牛ハンバーグ。周りを取り囲むようにしてオリジナルのタレで味付けしたあか牛カルビが並ぶ。とれたてキャベツの千切りとの相性も抜群!季節の野菜を使った小鉢、漬け物、お吸い物も付く。

【料金】1,400円

辻の茶屋

あか牛のすき焼き丼

地元の人が足を運ぶ温かい雰囲気のお店。熊本県産のあか牛とオリジナルの割下で仕上げたあか牛のすき焼きをご飯の上に乗せ、温泉卵と共に頂く。あか牛を割下で煮こむことで出る独特の旨味と温泉卵、ご飯がベストマッチした一品。自家製のお漬物と味噌汁が付く。+200円で味噌汁を名物のだご汁に変更も可能!

【料金】1,200円 ※1日10食限定

みやまダイニング畔(あぜ)

肥後赤毛牛ステーキご飯御膳

阿蘇のあか牛のサーロインをミディアムレアに焼き上げ贅沢に。醤油ベースのタレは小国の大根や玉ねぎなど5種以上の野菜を使って作られ、あか牛の美味しさを引き立て、錦糸玉子とサニーレタスの千切りが彩りと食感を添えてくれる。乳酸菌野菜を使った前菜5種盛と味噌汁、漬物、デザート3種盛、コーヒー付き。

【料金】3,780円

わろく屋

あか牛リブロースの炙り丼

黒川温泉街の中心部に佇む古民家風の飲食店。あか牛の炙り重には、美しい赤身の中に脂肪が適度に入った風味豊かなロースの部位を使用。肉にかかるのは姉妹店「御客屋旅館」の夕食の際に使用されるにんにく味噌ダレをベースにあか牛丼用にアレンジ。小国郷の野菜サラダ、お味噌汁、自家製の漬け物も付く。

【料金】1,980円 ※1日10食限定

▲このページのトップへ